学習ガイド

Ⅰ 通学研修(スクーリング)

スクーリングは、「講義」と「介護実技の演習」を中心に、介護の基本から介護職員に求められる具体的なテクニックまでを
理解することを目標に行われます。「介護する側」と「介護される側」の双方を体験しながら、実践力を養成します。
以下の事項に注意しながら学習を進めてください。

≪スクーリング出席時の注意事項≫
  • ①スクーリングのすべてを受講・修了してください(全15回)。 研修の一部を欠席した者については、補講を行うことにより当該科目を修了したものとみなします。また、補講の実施は原則として当社団において実施する予定ですが、やむを得ない場合は他の事業者で実施する場合もあります。
  •  緊急やむを得ない場合を除き、欠席しないようにしてください。
  • ②授業の5分前までには入室してください。
  • ③10分以上の遅刻・早退は欠席と見なしますので、くれぐれもご注意ください。
  • ④地震や台風等で交通機関が運行を中止した場合は、休講となります。この場合、別の日に代行授業を行います。
  • ⑤演習は介助実技の練習が中心となりますので、動きやすい服装でご参加ください。ハイヒール、サンダル、ビジネスシューズ、スカート、タイトなジーンズ、ショートパンツは不適切です。
  • ⑥実技演習中は、腕時計、ブレスレット、指輪、などの貴金属類ははずしてください。
  • ⑦着替えの際は、所定の更衣室またはお手洗いをお使いください。
  • ⑧他の受講生の方の迷惑になりますので、授業中は携帯電話の電源は必ず切っておいてください。
  • ⑨教室内で昼食をとっていただいてもかまいませんが、ごみは各自お持ち帰りいただくようお願いしたします。

Ⅱ 自宅学習

≪教材の受け取り≫
学習の流れを理解し、自分にあった学習プランを立ててください。まとめて学習しようとせず、
少しずつでも構いませんので毎日学習するようにしましょう。また、研修修了にはいくつかの条件がありますので、
この時点で確認をしてください。

≪テキスト学習の開始≫
学習プランを立てたら、テキスト学習をスタート。
テキストの内容についての疑問は、質問用紙を使い、FAX・郵便等で質問するか、スクーリング時に担当講師に質問して下さい。
疑問点をそのままにしないことが重要です。質問に関する通信費は、受講生負担となります。

≪科目別レポート課題にチャレンジ≫
テキスト学習の進行に合わせて「課題レポート」にチャレンジ。問題はテキストに対応していますので、
学習の理解度を確認することができます。
レポート課題の作成にあたっては、介護職員初任者研修テキストの該当箇所を熟読してください。
その後、科目別レポート課題(全3回)を期日までに作成・提出してください。

レポート課題は、スクーリング受講時に提出するか、郵送もしくはFAXにて提出してください。
但し、郵送時の切手代は受講生の負担とさせていただきます。
 ※レポート課題は提出期限までに必ず提出してください。
提出先住所 : 東京都板橋区南町45―15 南町アネックスA1階               
        喜桜会みなみ介護事業部   FAX : 03-5917-2302
提出したレポート問題は、担当講師が丁寧に添削をして返却をします。
間違えた解答の指摘や解説だけでなくテキストの参照ページなどについてまで、丁寧かつ的確にアドバイスします。
「提出→添削・返却」の繰り返し(計3回)により、確実な知識が身につきます。
 ※レポート問題は初回スクーリング時に配布します。

≪自宅学習終了≫
科目別レポート課題をクリアすると、自宅学習のカリキュラムは終了となります。

*クリアの条件
 レポート課題については、担当講師が採点し、A、B、C、Dの評価を行います。
 全3回分すべてが70点以上であれば、合格です。
   A=90点以上、B=80~89点、C=70~79点、D=70点未満
科目別レポート課題の提出期限